全棟外皮計算

性能の数値化

外皮計算とは?

外皮計算とは「外皮平均熱貫流率(UA値)」を算出する計算のことです。UA値は従来の「熱損失係数(Q値)」に変わる指標で、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。(外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。)

UA値(外皮平均熱貫流率)とは、住宅の内部から床、外壁、天井(屋根)、開口部等を通過して外部に逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。つまり、家の中の熱量がどれくらい外に逃げるていくかを計算して数値化したものです。

住宅性能値

工務店の特長を活かし、現場を熟知した建築デザイン、計算やシミュレーションによる断熱計画を、確かな職人技術でカタチニすることで、快適な家をつくります。

●●●ランニングコスト(住み始めてからのコスト)の削減率をわかりやすくご提案●●●