全熱交換換気システム

提案するのは、見えない「熱」と「空気」です。

病は家から。

空気質にとことんこだわった省エネ換気

 

「全熱交換換気システム」にすると

・エアコンの設置台数を減らせる
・年間の冷暖房費 (光熱費)が安くなる
・家中の温度差がなく、生活空間全体が暖かい
・真冬のトイレ・洗面脱衣室も寒くない
・底冷えしにくく、冬でも素足で過ごしやすい
・花粉症・アレルギーの方も快適
・温度だけでなく、湿度も調整
・テーブル・カウンターにほこりがたまりにくい

 

なぜ床上30㎝の空調にこだわるのか?

● 花粉は床にたまる

衣類などについてお部屋に入る花粉は、粒子が大きくお部屋の床に落ち、たまりがちになります。

● 人が動けばホコリが舞う

ハウスダストが床にたまると人が通ったりお掃除の際舞い上がり、空気を汚す原因に。

● 赤ちゃんの空間

赤ちゃんの生活ゾーンは床上30㎝。大人の生活ゾーンに比べ、大きなハウスダストが多いのです。

 

自然の地熱を利用したとってもエコ

24時間全熱交換型換気システム

※ 一部オプションとなる場合がございます。

夏は冷えた地中熱を利用

・冷房時は冷えた排気ダクトで床下を冷やし、かつ熱交換器で排気を冷やして床下に給気。
・熱交換器で外給気の湿気を回収して屋外へ排気。除湿された空気は床下を経由して給気。

 

冬は温かい地中熱を利用

・暖房時は温かい排気ダクトで床下を暖め、かつ熱交換器で排気熱を回収して床下に給気。
・熱交換器で排気から湿気を回収し、これで給気を加湿する。冬の過乾燥防止に有効。